株式会社中央ギフト商事

人工芝施工で手入れ不要な芝生を手に入れよう!

お問い合わせはこちら

人工芝施工で手入れ不要な芝生を手に入れよう!

人工芝施工で手入れ不要な芝生を手に入れよう!

2023/11/11

手入れ不要な芝生を手に入れよう!という人工芝施工の方法があります。人工芝は普通の芝生よりも手入れが簡単で、水や肥料や草刈りの必要性がありません。また、人工芝は本物の芝生に比べて長持ちします。手入れの手間を省きたい方や、忙しい人にはとてもおすすめです。今回は、その人工芝施工の方法についてご紹介します。

目次

    手入れ不要な芝生を手に入れるには

    手入れが煩わしい天然芝生ではなく、手軽に美しい芝生を手に入れたいと思う方も多いでしょう。そのような方には人工芝がおすすめです。 人工芝は、天然芝に比べ手入れが簡単で、肥料や水やりも必要なく、一年中緑色が続きます。特に、アスレチックなどで多く使用されますが、最近では一般家庭にも普及してきています。 人工芝施工の際には、まずは工事費用や施工期間、施工方法などを確認することが大切です。また、人工芝の種類によって見た目や手触りが異なりますので、実際にサンプルを見てから選ぶことをおすすめします。 さらに、施工後のメンテナンス方法も確認しておきましょう。通常、人工芝は定期的に掃除をすることで長持ちします。また、万が一汚れた場合は水洗いや掃除機での除去が可能です。 手入れの必要ない美しい芝生を手軽に手に入れるためには、人工芝施工がおすすめです。施工前の確認や施工後のメンテナンスの注意点をしっかりと把握して、理想の芝生ライフをお楽しみください。

    人工芝施工のメリットとデメリット

    人工芝施工のメリットは、天候や気温に左右されない点です。また、手入れが簡単で、緑が美しく長期間維持できるという点もあげられます。さらに、人工芝は抜け毛や枯れる心配がないので、アレルギーを持つ人にも最適です。また、芝刈りや雑草取りなどの手間が不要なため、時間やコストも節約できます。しかし、デメリットとしては、自然な草地に比べて硬さが感じられるため、赤ちゃんやペットが遊ぶ場合は違和感を感じることがあるかもしれません。また、値段が高いことも挙げられます。それでも、手入れや維持費用を踏まえると、長期的にはコストダウンにつながる場合があるため、今後も需要が伸びることが予想されます。

    自分で施工するのは大丈夫?チェックポイント

    自分で人工芝施工を行う場合には、以下のチェックポイントを確認することが必要です。 まず、草地のグラウンドを備え付け、ターゲットを設定します。施工は、水分の多い日には行わず、風の強い日には行わないよう注意しましょう。施工には、人工芝専用の接着材が必要です。また、施工面が平らかどうかも重要です。人工芝を敷く前に、置く面積・サイズを測定し、その輪郭をマーキングして施工します。人工芝を敷き終えた後、余分な部分を切り取ります。また、周縁部も綺麗に仕上げる工程は必要です。グラウンドに人工芝を利用することがよくありますが、これには特別な施工技術が必要です。専門業者に依頼するか、しっかりとした知識と経験を持ち、十分な準備をして施工することが必要です。人工芝の見た目・耐久性・安全性に欠陥があると、使用によって問題が起こりかねませんので、しっかりと確認してから施工を行うことが重要です。

    人工芝の種類と特徴

    人工芝は、自然なグリーンを求めるスポーツ施設や庭園、公園、屋上庭園などでよく利用されています。人工芝にはさまざまな種類がありますが、主に3つのタイプに分類されます。1つは、ポリエチレン製の人工芝で、耐久性が高く、自然な芝に近い柔らかい質感が特徴です。2つ目は、ポリプロピレン製の人工芝で、耐久性が高く、比較的硬い質感が特徴です。3つ目は、ナイロン製の人工芝で、非常に耐久性が高く、硬く、すべりにくい表面が特徴です。また、最近では練習場やコートに使われる砂やゴムを混ぜた人工芝も登場しています。人工芝は、天候や手入れの必要がないため、メンテナンスが簡単で、コスト削減にもつながります。施工にあたっては、使用用途に応じて最適なタイプの人工芝を選択することが大切です。

    長持ちさせるための人工芝のメンテナンス方法

    人工芝は本物の芝に比べて、メンテナンスや手入れが簡単で、長期間美しく保つことができます。しかし、定期的なメンテナンスが必要です。例えば、普段からテラスブラシで表面の汚れを落とすことはよい習慣です。また、芝の繊維が折れ曲がることがありますが、その場合はブラシを使用して軽く起こしてあげると、元通りになります。雨天時には芝生が水に浸かって水はけの悪さを改善するため、排水溝をきれいにするようにしてください。 汚れやカビなどが出来た場合は、適切な洗剤を使って掃除をしてください。すすいで表面をきれいにすることも重要です。人工芝にはUV ester加工がされており日の光をさえぎり、色あせを防いでいます。しかし、時間が経つと効果が薄れるため、定期的なUV防止剤の塗布をおすすめします。これらのメンテナンスを適切に行うことで、人工芝を長持ちさせ、美しさを保ちます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。